手術方法はいろいろ

ネクタイを外す

医療の専門家に任せていれば、自分でどんなに解決することができない問題であっても解決策を見出すことができます。体調不良であれば、意外と睡眠を長くとるというだけでも体調が改善されますが、自分一人で悩んでいてはそんな簡単なことにも気づくことはできません。特に体を切開して行なう外科手術に関しては、人間の体を完璧に理解して高い技術を持っている医師などの専門家しか行なうことができない施術となっています。包茎に悩んでいるのであれば、自分で治すことはとても難しいので、必ず医師に相談することが大事です。専門的なものではありますが、その手術方法についてはいくつか知っておいた方が良いものもあります。医師からも術前には説明を受けることになるので、しっかり理解するためにも事前に包茎手術に関しては名前とどんな方法なのかは知っておいた方が良いです。

手術方法にはいくつか有りますが、日本人で包茎に悩む人の七割は仮性包茎で、そのスタンダードな手術方法は亀頭直下埋没法となっています。亀頭直下埋没法とは切除した皮をカリ部分で縫合し、縫合後が目立たないようにするというものです。このような切開する方法が包茎手術の基本となりますが、切らない方法もあります。ペニスの皮はとても再生能力が高く、縫合してもすぐに再生するので縫合後が基本的に目立つことはありません。しかし、切開してしまうと何日かはペニスに触れたりマスターベーションすることができません。勃起すると縫合した部分から血が出てしまうこともあるので、切開はあまりしたくないという人もいます。そんなときはナチュラルピーリング方や接着法も用意されているので、どちらかを選ぶことが可能です。